おすすめ情報

おすすめの情報

削りぶしの賞味期限見直し(延長)について

昨今の「食品ロス削減」への取り組みにおいて、食品「3分の1ルール」の見直しや、加工食品の賞味期限を見直す(延長)動きは、農水省を中心にフードチェーン全体で推進されてきつつあります。
削りぶしにおいても、(一社)全国削節工業協会の試験事業を受けて、「透明蒸着フィルム」を使用した包装材については、賞味期限を18ケ月、あるいは 24 ケ月まで延長しようという試みがなされております。

NPS規格袋では、これらの動きに対応するべく、「透明蒸着PETフィルム」を使用した規格を順次取り揃えていく予定です。

※パック用の規格「NPS-2(090-120H)」( 2g 、3g 用)からテストサンプルをご準備しております。
賞味期限の延長をご検討の皆様、 まずはお試しください!(サンプル品の材質構成:静防OP20/透明蒸着PET12/PE13/静防EVA25)

※従来通りエバール品の規格も当面の間は継続いたします。

「透明蒸着PETフィルム」の特徴

酸素バリア性・防湿性・保香性に特に優れたフィルムで、削りぶしの酸化や吸湿を防ぎ、封入時の風味や食感を持続させます。